《腰痛解決.com》腰痛は施術法によって回復が大幅に違います。ずっと悩んでいた腰痛の回復の記録です。  

今まで悩んでいた腰痛回復の記録
腰の痛み、両ひざの痛み(野球少年)2

腰の痛み、両ひざの痛み(野球少年)2

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

10歳 男子 野球少年

前回施術から2週間ほど経っての来院。

毎週末試合があったが、運動後の痛みも減り順調に回復していっていた。

数日前、放課後の自主練習にて、ゴロの捕球動作の練習を行い、再度腰に痛みが出る。

当院が休みだった事もあり、他の自然形体の先生の施術を2日続けて受けるが完治とまではいかず。

右足を着いたときに右腰が痛い、痛くて走れない。

仰向けから起き上がるとき、寝返りのときに痛い、左にねじると痛い。

状態を確認すると、やはり骨盤の歪みとの関連が強そうだ。

まず腰部に関連する張りを取り除く。

思った通り、腰部の関連は少なそうだ。痛みの変化なし。

続けて、腰椎のねじれ、骨盤のねじれを修正。

「いまは寝返りはどう?」

「大丈夫」

これで寝返り、起き上がるときの痛みは消失。

寝ている状態での痛みはなくなったので、座った状態、立った状態での痛みを確認していく。

「左にねじると痛いです」

骨盤の歪みにあわせて、大腿骨のねじれを修正していく。

「左は大丈夫、今度は右が痛いです」

修正を続けると、左、右と痛みを感じる場所がどんどん変化していく。

時間がかかったが、ねじっての痛みは取れた。

今度はバットスイングでの動作確認。

「痛くない」

続けて、捕球の動作確認。

「痛い」

何度か繰り返していくと痛みが出る。

動作確認していくと、カラダの使い方で無理がかかっている様子。

思い返すと、腰の痛みが出るときはいつも捕球練習をした後だった…

動きに関連づけて施術を行うと、痛みの出る間隔が伸びていく。

あわせて、捕球動作での問題の動作を指摘して動いてもらうことでしばらく動いても問題なくなった。

まだ完全ではないが、痛みは取れた。

1週間後、4回目の来院。

現在、日常生活での痛みはなし。歩行、ダッシュも問題なし。

体育の授業も出ている(キャッチバレー)

バットスイングをしていると、50回ほど繰り返すと痛くなる。休むと痛みは取れる。

今朝、捕球練習の動作を行うと早い段階で痛みが出たので、チーム練習は休む。

明日は試合が控えている。

今回も骨盤の歪みに対してアプローチしていく。

前回よりもカラダの反応も良い。腰部の張り、ねじれも解消。

寝ている状態の動作確認を終え、実際外に出てバットスイング、捕球動作の痛みを確認。

「痛くないです」

はじめにバットスイングから。しばらく振り続けてもらうが問題なし。

続けて捕球動作の動き。

「大丈夫」

これもしばらく動いてもらうが、痛みは出ない。

「すごいな。こんなに動けたのは2週間ぶりくらいだろ」

見ていたお父様も驚いていた。

動きも軽快。骨盤を微調整して終了。

2週間後、5回目。

前回以降、状態は上向き。だが、まだ動いていると痛みが出る。

試合(1試合)、練習(半日)ほどで痛みが出てくる。

痛みが出たら休むと、2日ほどで完全に取れる。

骨盤の歪みに加えて、二次的な疲労を取り除く。

今回は、施術後の状態が今までの中でもっとも良くなった、後一歩だ。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>