《腰痛解決.com》腰痛は施術法によって回復が大幅に違います。ずっと悩んでいた腰痛の回復の記録です。  

今まで悩んでいた腰痛回復の記録
左腰から臀部の痛みと痺れ

左腰から臀部の痛みと痺れ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

30代 女性 会社員

昨年、肩こり、首こり、腰痛、等々の症状で来院。

2週間に1回のペースで3回の施術を行う。

中学生の頃からの慢性的な肩凝り、腰痛解消。

骨盤の歪みがとにかくひどかったが、それもほぼ問題ないまでに。

それから1ヶ月に1回ほどメンテナンスを兼ねての来院。

今回は半年ぶりの来院。

昨年末から左腰~臀部まで痛みを感じる。ここ数日は痺れも伴ってきた。

じっとしててもビリビリと痺れる感じがする、寝ていても状態によっては痺れを感じる。

腰、臀部の深部に痛みを感じる。

右肩~首にかけて重く違和感がある。

こめかみ辺りの偏頭痛も最近スッキリとしない。

施術開始。

脊柱、骨盤ともに歪みはそれほどひどくない、部分的にがくっとした歪みがあり、左背面全体的に凝っている状態。

まずは歪みの部分から修正。

片側に出ている症状なので、歪みの修正と合わせて椎間板へアプローチをかける。

「いまはどうですか?」

「まだ痛い」

歪みを取り除いていってもあまり変化は出ない。

続けて気になるのが腰~臀部の深いところの緊張。

直接触れられない場所なので、間接的にアプローチかけ、緊張を取り除いていく。

「軽くなりました!」

深い部分の緊張層が取れてくると、ビリビリした痺れも無くなってきた。

寝ている状態では問題ないので、最後に立って確認することに。

続けて上半身へ。

首を左に倒すと痛いという事で、関連する歪みと張りを修正。

「倒すのは大丈夫!まだ右首のすじが張ってる」

寝ている状態では取りきれず、座位で行う。

「今は張ってるのも無くなりました」

再度、腰~臀部へ戻る。

まだ捻ったり立って動くとビリビリ感が残っている。

座位で細かい歪み、深部の緊張を取り除く。

「これなら大丈夫!!」

立って動いてもらうが問題なし。

最後に骨盤を修正。

日常のセルフケアを伝えて終了。

仕事柄、カラダの使い方の癖やバランスが崩れやすくなる。

日頃からストレッチ、セルフケアを続けていってもらいたい。

なかむら自然形体院
住所:東京都板橋区蓮根3-2-14城戸ビル1A
問合せ先:03-5939-8675

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>